Pieces~自由への翼~

最愛の息子を自死で亡くし残された母の思い

木蓮の花

会社の庭の片隅に木蓮の木があり、白い花を咲かせてた。

暖かくなって桜がだいぶ咲いてきてる。


大きな桜の木も会社の庭にあるけど、ひっそり咲いてた木蓮の花が今年は桜より心に惹かれた。

今日は木蓮がだいぶ散ってしまってた(>_<)

桜の華やかさに負けたみたいに…




職場に先週から新しい人が来てる。

明るくて誰にでも笑顔で愛想もよくて、

桜みたい。

それに比べたら必要最低限しか話をしないで淡々と仕事してる私は木蓮みたい。



機械人形…

仕事してるだけなんだけどな。


1ヶ月近く働いてるとやっぱり苦手な人も出てくる。

私のダメなとこ(>_<)



黒い私の心。

いっそ、心なんてなかったらなにも感じなくていいのになぁ。



息子と同じ年頃の男の子を見ると心が痛い…

楽しそうにしてる…


今日は帰りに涙がポロポロと出てしまった。

桜も霞んでよく見えない。



華やかな春の空気は私には辛いなぁ。

私の心はまだ寒くて辛いのに…





写真の息子は微笑んでる。

私が最後に見た息子は冷たく、でもとても安らかな顔で眠ってた。



早く迎えに来てくれないかな。







読んでくださる皆様、

ネガティブなブログですみません(/o\)