Pieces~自由への翼~

最愛の息子を自死で亡くし残された母の思い

職場の人…

今の職場になって1ヶ月が過ぎて、昨日は新年度のささやかな飲み会が会社の食堂であった。

桜は散ってるけど、毎年ある「お花見の会」らしい。


仕事中は会話をすることがあまりないけど、仕事から離れると少しずつ話をする人も増えた。



私くらいの年齢になると最初の話の切り出しは

「お子さんはいるの?」…

「旦那さんは?」



居たけど…

大切な息子が…



何気ない会話の始まりなんだろうな

息子を亡くす前は私もそうだった…




私は

「22歳の息子が…」

「今は一緒には住んでないけど」

と返す…


今は一緒に居ないだけ。

「居ない」とも「居た」とも言いたくない



確かに息子は居たんだから。

息子の死を知らない人に、言うことはないから。


今は人の家庭のことを聞くことをやめた。

みんな、色々あるし聞かれたくないこともある。

何気ない会話の中に辛いこともあるから…




少し思う…

死を知ってる人も、普段の生活から息子の存在はないだろうなぁ…



息子のことを毎日思ってくれる人は居ないだろうな。



息子の写真、動画、交わしたLINE

私の中で大切な大切な息子





心の中でいつも話しかける

仕事の愚痴や日々の出来事を話してる






少し、人生の勉強


いろんな人がいて


結婚してない人


子供を授からなかった人


私のように自死で家族を亡くした人



他にも、それぞれいろんな事を抱えて



これからは会話も考えないと…




自分だけが辛いのではない…




まだまだ受け止めきれないけど…




寂しくて泣いてばかりだけど






なんとか日々を過ごしていかないとなぁ…

久しぶりのブログ…

桜もだいぶ散って…


華やいだ雰囲気とは裏腹に私の気持ちは…

なんだろう…


色んな自分がいて

気持ちがグダグダでした(>_<)


前を向く私


否定してる私


現実を見て泣く私


疲れた私


黒い私



自問自答してる…




ちょうど息子の月命日もあったから…




新しい職場に変わって1ヶ月過ぎたのもあるし、4月にもなったからかなぁ



気持ちが色々(>_<)





職場で桜の花びらが散って風でヒラヒラ飛んでるのを見ると少し切ない…



家と会社の往復。


毎日、時間だけが過ぎてる



家にいると取り残されてるような気持ちになってしまう…





息子はどこにいるのかな?


会いたいし話したいこともいっぱいあるのに…




この先も私の気持ちは

息子が旅に出た日に取り残されたるんだろうな…




まだまだ受け入れられない毎日です…

木蓮の花

会社の庭の片隅に木蓮の木があり、白い花を咲かせてた。

暖かくなって桜がだいぶ咲いてきてる。


大きな桜の木も会社の庭にあるけど、ひっそり咲いてた木蓮の花が今年は桜より心に惹かれた。

今日は木蓮がだいぶ散ってしまってた(>_<)

桜の華やかさに負けたみたいに…




職場に先週から新しい人が来てる。

明るくて誰にでも笑顔で愛想もよくて、

桜みたい。

それに比べたら必要最低限しか話をしないで淡々と仕事してる私は木蓮みたい。



機械人形…

仕事してるだけなんだけどな。


1ヶ月近く働いてるとやっぱり苦手な人も出てくる。

私のダメなとこ(>_<)



黒い私の心。

いっそ、心なんてなかったらなにも感じなくていいのになぁ。



息子と同じ年頃の男の子を見ると心が痛い…

楽しそうにしてる…


今日は帰りに涙がポロポロと出てしまった。

桜も霞んでよく見えない。



華やかな春の空気は私には辛いなぁ。

私の心はまだ寒くて辛いのに…





写真の息子は微笑んでる。

私が最後に見た息子は冷たく、でもとても安らかな顔で眠ってた。



早く迎えに来てくれないかな。







読んでくださる皆様、

ネガティブなブログですみません(/o\)